ピロリ菌の検査方法と除菌治療について

Scroll

ヘリコバクター・ピロリ菌とは

ヘリコバクター・ピロリ菌とは胃の中に住み着くらせん状の菌です。一般的に免疫が発達段階にある幼少期に感染し、その後持続的に胃の中に住み着き持続感染した状態となります。慢性的にピロリ菌が胃のなかで感染状態にあると、胃の粘膜が炎症を起こし、萎縮状態になります。これを萎縮性胃炎(慢性胃炎)と呼びます。近年はピロリ菌に感染している人は減少傾向ですが、高齢の方にはピロリ菌に感染している方が多く、胃がんの危険因子となっています。

ピロリ菌と胃がんの関係 

ピロリ菌は1982年にオーストラリアでウォーレン医師とマーシャル医師により発見されました。
なんとマーシャル医師はピロリ菌を自ら摂取して、胃炎が起きることを証明しました。
その発見の功績により2人は2005年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

日本では2001年に上村直実先生が呉共済病院で行った研究が非常に有名です。
この研究はピロリ菌感染のある人とない人を平均7.8年追跡し、胃がんの発生はピロリ菌感染のある人からのみ発生したことを報告した研究です。
現在胃がんの研究は進み、ピロリ菌未感染の人にも胃がんは発生することはありますが、ピロリ菌と胃がんの関係を本邦から発信した研究として世界最高峰の医学雑誌であるThe New England Journal of Medicineに報告されました。また世界保健機関(WHO)も1994にピロリ菌を明確な胃がんの危険因子として定義しております。
(2) これは肺がんと喫煙の因果関係と同一レベルの危険因子であることを意味します。

またピロリ菌は胃がんだけでなく、以下の病気との関連もあります。

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • MALTリンパ腫
  • 特発性血小板減少性紫斑病

ピロリ菌除菌治療の効果 

ピロリ菌は退治すべき菌です。日本からの研究ではピロリ菌が感染している胃からは10年で5%が胃がんに進展することが報告されています。(1,2) 100,000人のピロリ菌保菌者がいれば10年で5,000人に胃がんが見つかることになります。また別の研究では、ピロリ菌に感染している人では,生まれてから85歳までに胃がんに罹る確率が男性で17.0%(約6人に1人),女性で7.7%(約13人に1人)に上る可能性が高いことが報告されました。(4)

ピロリ菌を除菌治療して成功した場合、どの程度胃がんの頻度を減らすことができるのでしょうか?国立がん研究センターの報告では胃がんの既往がない方がピロリ菌の除菌治療をした場合、将来の胃がんリスクは約3分の1になると言われています。(5) また胃がんの治療をした方でもピロリ菌の除菌治療後は胃がんの再発率は半分になると言われております。

ピロリ菌の検査方法

ピロリ菌の感染の有無を調べる検査は6つあります。それぞれ長所と短所があり、状況に応じて使い分けて検査が行われます。そして胃カメラを使用して調べる検査と胃カメラを使用せず調べる検査の2つに分類されます。

胃カメラを使用して調べる方法

①培養法 (ピロリ菌の発育しやすい環境で5-7日間培養)

採取した胃粘膜を培養して増えたピロリ菌の有無を調べます。直接ピロリ菌を調べる正確な方法ですが、時間がかかることが欠点です。

②鏡検法 (病理学的に直接ピロリ菌を観察する方法)

胃カメラの時に採取した胃粘膜をホルマリン固定した後に染色して、顕微鏡でピロリ菌有無を調べる検査です。診断特異性(ピロリ菌が確認できた場合の正確性)は高いですが、ピロリ菌が確認できなくてもピロリ菌感染を否定するものではありません。

③迅速ウレアーゼ試験法 (ピロリ菌の持つウレアーゼという酵素の反応を用いた検査)

採特殊な試薬に採取した胃粘膜を入れ、色の変化にてピロリ菌有無が判定できます。

胃カメラを使用せず調べる方法

④ピロリ菌抗体法 (現在または過去のピロリ菌感染を血中の抗体を用いて調べる検査)

ピロリ菌が体に感染すると、体は菌に対抗するために抗体と呼ばれる免疫物質をつくります。ピロリ菌に対する抗体の有無を血液検査で調べます。欠点としては、過去に感染していたが現在は陰性になっている方(既往感染)でも陽性となってしまい、除菌治療の必要性が正確に判断できないことがあります。

⑤尿素呼気検査法 UBT (ピロリ菌が尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きを利用した検査)

最も信頼性の高い検査になりますので、除菌治療の成否を判定する除菌判定に用いられます。また抗体検査と合わせて現在感染しているかの判定にも用います。

⑥便中抗原 (便の中のピロリ菌の抗原を調べる検査)

便の中にピロリ菌の成分(抗原)が混入しているか調べることによりピロリ菌有無が判定できます。

当院ではピロリ菌感染の診断に胃カメラの際に組織を採取して判定を行う③迅速ウレアーゼ試験法を採用しております。 追加で判定が必要な際には④ピロリ菌抗体法または⑤尿素呼気検査を用いて追加判定を行います。また除菌治療後の成否の判定には⑤尿素呼気検査を行っております。

ピロリ菌の除菌治療

現在、胃カメラで”慢性胃炎(萎縮性胃炎etc)”や”胃潰瘍”があり、その上各種ピロリ菌検査で”陽性”の結果であった方が保険診療で除菌治療が可能です。

  1. Step01内服治療

    ピロリ菌は幼少期からの長期間持続する菌であるため、抗生剤が2種類必要です。その上で胃酸を抑制する制酸薬を含めた3種類の薬(ボノサップパック400)を朝夕内服し1週間続けていただきます。

  2. Step02除菌判定

    内服後約2ヶ月で除菌の成否を判定します。判定方法は上記の尿素呼気試験(UBT)で行います。

成功の確率

  1. 1回目の除菌治療で約80%の方が除菌成功になります。
  2. 1回目の除菌治療が不成功の方は2次治療を受けていただくことになります。治療で使用する抗生剤を1剤変更した治療薬(ボノピオン)を使用します。
  3. 2次除菌までで約95%の方が除菌成功しますが、残念ながら5%の方は除菌が不成功になります。
  4. 2次除菌が不成功の方は3次除菌以降の治療は全額自費診療になります。相談の上ピロリ菌の専門外来のある病院へ紹介が必要になる場合があります。

自費診療となるピロリ菌検査と除菌治療

  1. 胃カメラは保険診療としてピロリ菌検査ならびに除菌治療を行うためにも必須となっています。そのため、胃カメラを受けていない場合、ピロリ菌検査も除菌治療も保険適用されず全額が自費診療となります。(※半年以内に検診などで胃カメラを受けている方はその限りでありませんので、お申し付けください)
  2. 3次除菌治療以降は、保険適用されず自費診療になります。
  3. クラリスロマイシン(クラリス)とアモキシシリン(ペニシリン系抗生剤)にアレルギーがあり、規定の薬剤セット以外を使って除菌治療する場合も保険適用されず自費診療になる場合があります。

将来の胃がんを防ぐためには

胃がんの原因ははっきりしています。胃がんの95%はピロリ菌感染症が原因です。肺がんとタバコの関係と同じです。現在東広島市では40歳以上の方がすこやか検診で胃カメラが可能です。しかしピロリ菌の除菌は若ければ若いほど将来の胃がん抑制効果が高いです。タバコを若いうちに禁煙できれば将来の肺がんのリスクが減らせるように、胃がんも早めのピロリ菌のチェックと除菌が一番望ましいです。東広島市の検診の開始年齢まで待たずに、ピロリ菌の感染の有無は自費(約4,000円)でも検査可能です。特に胃がんやピロリの家族歴のある方はご相談ください。

参考文献

(1) Uemura N, Okamoto S, Yamamoto S, et al. Helicobacter pylori infection and the development of gastric cancer. N Engl J Med 2001;345:784-9.

(2) IARC Working Group on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans. Schistosomes, Liver Flukes and Helicobacter pylori. Lyon (FR): International Agency for Research on Cancer; 1994. IARC Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans, No. 61. P. 1–241.

(3) Ishii N, Yano T, Shiratori Y, Omata F. Pitfalls of Advanced Endoscopy Technologies in Gastrointestinal Cancer Screening. Am J Gastroenterol. 2023;118(2):371-2.

(4) Kawai S, Wang C, Lin Y, Sasakabe T, Okuda M, Kikuchi S. Lifetime incidence risk for gastric cancer in the Helicobacter pylori-infected and uninfected population in Japan: A Monte Carlo simulation study. Int J Cancer. 2022;150(1):18-27.

(5) Lin Y, Kawai S, Sasakabe T, Nagata C, Naito M, Tanaka K, et al. Effects of Helicobacter pylori eradication on gastric cancer incidence in the Japanese population: a systematic evidence review. Jpn J Clin Oncol. 2021;51(7):1158-70.

ご予約はこちら

ご予約はWEB予約、またはお電話よりお願い致します。

082-434-8811

【診療時間】9:00~13:00/15:00~18:30
※火・木・土は午後休診になります。 
【休診日】日・祝/祭日・お盆・年末年始

Page top