よくあるご質問

Scroll

胃カメラについて

Q

当日でも予約なしで胃カメラは可能ですか?

A

検査予約状況次第では、当日でも対応できることがあります。
ただし朝食は抜いていること(水、お茶の水分摂取程度は可)であることが必要です。一度クリニックに電話確認をお願いします。

Q

車で検査を受けに行ってもいいですか?

A

内視鏡検査や切除術などで鎮静剤を使用したあとには、自動車やバイク、自転車の運転を控えていただいています。そのため、お車でお越しになった方には、鎮静剤を使用する内視鏡検査を実施しませんのでご理解ください。

Q

胃カメラは保険が適用されますか?

A

症状があり、胃カメラ検査を受ける場合には保険が適用されます。症状がない場合には、自費診療となります。これは大腸カメラ検査でも同じです。

Q

授乳中でも胃カメラは出来ますか?

A

はい、可能です。ただし、麻酔薬などの薬を使用するため、胃カメラ検査後の2日間は授乳を控えていただく必要があります。

Q

生理中でも胃カメラは出来ますか?

A

はい、基本的に問題なく胃カメラ検査を実施できます。生理を含め、何か体調についてご不安なことがございましたら、一度当院にお問合せください。

Q

鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)もしていますか?

A

当院では原則、口からの胃内視鏡のみ実施しておりますので、鼻からの胃内視鏡はしておりません。

Q

検査前に薬は飲んでもいいですか?

A

基本的には当日含めて内服可能な薬が多いですが、血をサラサラにする薬や、糖尿病の薬(血糖を下げる薬)は中止していただきたいので、電話でお問い合わせ下さい。

大腸カメラについて

Q

当日でも予約なしで大腸カメラは可能ですか?

A

大腸カメラは検査の前に、事前に下剤を飲んで腸をきれいにする必要があるため、当日での検査をしておりません。

Q

車で検査を受けに行ってもいいですか?

A

基本的には検査では麻酔を使うため、ご自身での運転は控えていただくようにお願いします。また車で来られた場合は、麻酔薬を使っての検査は出来ませんのでご了承願います。

Q

大腸カメラは保険が適用されますか?

A

はい。症状があり検査する場合は、保険が適用されます。症状もなく胃腸の状態を診るだけだとドックになりますので、保険適用外です。(自費)
詳しくは診察時にご相談ください。

Q

授乳中で大腸カメラは出来ますか?

A

出来ます。ただし、検査時に麻酔薬などの薬を使いますので、検査後2日は授乳を控えていただくようにお願いします。

Q

生理中でも大腸カメラは出来ますか?

A

出来ます。体調のことなどで不安な事がありましたら、電話で問い合わせください。

Q

検査前に薬は飲んでもいいですか?

A

基本的には当日含めて内服可能な薬が多いですが、血をサラサラにする薬や、糖尿病の薬(血糖を下げる薬)は中止して頂きたので、電話で問い合わせ下さい。

Q

大腸カメラは痛いですか?

A

大腸カメラ検査による痛みは、内視鏡を使用する術者の技量に大きく左右されます。そのため、多数の術者が存在する大規模教育施設では、痛みの大小にも幅があります。
一方当院では、すべての大腸カメラ検査を消化器内視鏡専門医が担当しており、熟練した技術によって痛みを抑えるよう心がけています。 ただし、強い便秘がある方や高齢の方、腹部手術をされた方の場合、痛みが強い可能性や下剤の使用が難しいことがあります。必要に応じて鎮痛剤や鎮静剤を使用しますが、特殊な症例と判断した場合は、連携する総合病院を紹介しています。

Q

下剤を飲まずに検査できますか?

A

大腸カメラを使用する前には下剤で腹部をきれいにしていただきますが、状態によって下剤の量や前処置薬の変更は可能です。 ただし、上部内視鏡を使う際にカメラで前処置薬を胃に注入する処置は当院では実施していません。

ご予約はこちら

ご予約はWEB予約、またはお電話よりお願い致します。

082-434-8811

【診療時間】9:00~13:00/15:00~18:30
※火・木・土は午後休診になります。 
【休診日】日・祝/祭日・お盆・年末年始

Page top