ブログ

Scroll

便潜血検査で陽性になったら?

東広島市では40歳以上を対象に元気すこやか健診を実施しています。その項目の一つで便潜血検査が実施されています。もし陽性の結果だった場合、どうしたらいいのでしょうか?

便潜血検査は大腸がんの早期発見を目的とした大腸がん検診の項目です。これは便中の微量な血液(ヘモグロビン)の成分を同定する検査です(1)。便潜血検査の解析方法には化学的方法と免疫学的方法があります。化学法は古くからの方法ですが、大腸からの出血以外も陽性としてしまう欠点がありました。つまり、食べた肉や魚料理などに含まれる血液成分にも反応していました。現在広く行われている方法である免疫学的方法は肉や魚の血液成分には反応しないため、高い精度で大腸からの出血を同定できます。

この微量な血液の成分(ヘモグロビン)が検出された場合は、原則大腸内視鏡での大腸の精査をすることが強く勧められています。最近では大腸CTなど内視鏡以外の検査を行っている施設もあります。以前に大腸内視鏡を受けられた方は医師との相談になります。 この陽性とは2日法で実施した場合で1回だけ陽性であった場合も同様です。便潜血検査において陰性の結果には大きな意味はありません。何回便潜血を実施しても1回でも陽性であった場合は大腸内視鏡が推奨されます。極端な例ですが、1回陽性になって、その後100回連続で陰性であった場合はどうでしょうか?その場合でも、大腸内視鏡を受けたことがない、または数年受けていない方は大腸内視鏡を受けていただくことを強く推奨します。

便潜血検査は約半世紀の歴史があります。アメリカやフィンランドからの報告では大腸がんの死亡率(大腸がんで亡くなる人)とその後の罹患率(大腸がんになる人)が低下することが報告されています(2-4) 。一般的にがん検診の研究は評価が難しいのですが、大腸がん検診は無作為化比較試験(RCT→精度の高い研究方法)で有効な結果が報告されている優秀ながん検診と言えるでしょう。

2023年8月にJAMA internal medicine誌で報告されたメタ解析(過去の研究を統合し解析する研究方法)では大腸内視鏡の一つであるS状結腸内視鏡で約110日予後(観察期間約10-15年)を延長することが報告されております(5)。

日本対がん協会の2017年度の調査によると大腸がん検診で便潜血検査を10,000人が受けたとすると、陽性と判定される人(要精密検査)は607人、その後精密検査を受けた人は417人、そして最終的に大腸がんと診断された人は17人と報告されております(6)。

痔核や潰瘍性大腸炎、大腸憩室からの出血などが原因として同定または推定されることもありますが、多くの場合は排便時に肛門が一時的に傷ついて出血してしまう(切れ痔)ことが多いです。また偶発的(20-40%)に切除が望まれるポリープが発見されることも多く、切除することで将来の大腸がんへの進展を防ぐことができます。

便潜血検査で陽性になった場合は、その後の精密検査として大腸内視鏡を受けることがとても大切です。また便潜血検査が陽性であれば保険診療で大腸内視鏡を受けることが可能です。精密検査をしておけばと後悔しないように、便潜血検査が陽性になった際には一度ご相談下さい。

  1. 大腸がん検診マニュアル https://www.jsgcs.or.jp/files/uploads/d_manualbook2021.pdf
  2. Mandel JS, Bond JH, Church TR, et al. Reducing mortality from colorectal cancer by screening for fecal occult blood. Minnesota Colon Cancer Control Study. N Engl J Med 1993;328:1365-71.
  3. Shaukat A, Mongin SJ, Geisser MS, et al. Long-term mortality after screening for colorectal cancer. N Engl J Med 2013;369:1106-14.
  4. Pitkäniemi J, Seppä K, Hakama M, et al. Effectiveness of screening for colorectal cancer with a faecal occult-blood test, in Finland. BMJ Open Gastroenterol 2015;2:e000034.
  5. Bretthauer M, Wieszczy P, Løberg M, et al. Estimated Lifetime Gained With Cancer Screening Tests: A Meta-Analysis of Randomized Clinical Trials. JAMA Intern Med 2023.
  6. 日本対がん協会HPより引用;https://www.jcancer.jp/about_cancer_and_checkup/

ご予約はこちら

ご予約はWEB予約、またはお電話よりお願い致します。

082-434-8811

【診療時間】9:00~13:00/15:00~18:30
※火・木・土は午後休診になります。 
【休診日】日・祝/祭日・お盆・年末年始

Page top